【動画あり】フレンドシップデー2018行ってきた!F−35Bアジア初展示飛行!見どころと注意点、入場混雑を回避する方法は?

スポンサーリンク
イベント

毎年5月5日のこどもの日にアメリカ海兵隊岩国基地で開催される『フレンドシップデー2018』に行ってきました!
今回初参戦、かつ有料観覧席での観覧でした。

今回はブルーインパルスが飛ばない!』との事で、入場者数が減るのでは?と言われていましたが、フタを開けてみると昨年の約20万人を超える約21万5千人の来場者数となったそうです。

入口が変わったせいか、例年に比べると混雑も見られたようですが、実際の航空ショーは至近距離でド迫力でした。

アジアでは初となる『F-35B LightningII』の展示飛行や、『MAGTF(海兵空陸任務部隊)のデモ』など盛りだくさん!

拙い写真混じりでご紹介します!

 

スポンサーリンク

F-35B ライトニングIIがアジア初の展示飛行!巨体が空中で制止して水平に回転してそのまま飛んでいった!

今回の目玉『F-35B LightningII』のアジア初となる展示飛行!
得意の短距離離陸から飛行展示、垂直着陸前のホバリングから水平に回転してそのまま飛んで行きました!
兵器搭載前とは言え、20トンを超える機体が空中でホバリング(制止)する様はまさにSF映画!
正面でクルッと回ってこちらを向いた時は、打たれるわけではないのになかなかの緊張感でした。

電子制御された機体の安定性は素晴らしかったです!

最後は垂直着陸の展示はありませんでしたが、短距離着陸を実施!

 

展示飛行前にタキシングするF-35B

 

海兵隊仕様のF-35Bの特徴である短距離離陸を披露!

 

垂直着陸前のホバリング(制止)に備えて各部を展開するF-35B。

 

地上展示機は特別塗装機仕様!

地上展示された『F-35B LightningII』は、尾翼に日章旗の一部に宮島厳島神社大鳥居をモチーフにした特別塗装機でした。
フェンスに囲われていたもののかなり近距離から眺めることが出来ました!

 

ホバリングから水平飛行・回転してフライトするF-35B

ホバリング(空中静止)した状態で水平にクルッと一回転。
水平に移動してそのまま再度飛んでいく様はまさしくSF映画に出てくる近未来の戦闘機!

F-35B アジア初の展示飛行!ホバリングから水平回転・水平移動からのフライト!

 

短距離着陸を披露するF-35B

垂直着陸は見られませんでしたが、海兵隊仕様のF-35BのSTOVL機としての実力を見せてくれる短距離着陸!

F-35B LightninII 短距離着陸を披露!

 

F-35B LightningII 2機とF/A-18ホーネット、MV-22オスプレイによる超豪華なMAGTF(海兵空陸任務部隊)デモ!

今回のMAGTF(海兵空陸任務部隊)のデモは超豪華でした!

前回の2017年はMV-22オスプレイとAV-8Bハリアー、F/A-18ホーネット、空中給油機のKC-130スーパーハーキュリーズによるパフォーマンスを披露していましたが、今回はなんとAV-8Bハリアーに変わり『F-35B LightningII』2機によるパフォーマンス

F-35B LightningIIとF/A-18ホーネットの空中給油をもう1機のF-35B LightningIIが支援!

その後F-35B LightningIIとF/A-18ホーネットによる模擬地上爆撃も披露!

最後にMV-22オスプレイから海兵隊の上陸部隊が展開して地上を制圧!

残念ながら時間の都合で一足早く有料観覧席を離れていたので、模擬爆撃の地上の様子や地上展開は観ることが出来ませんでした。

しかしながら、AV-8BハリアーからF-35BLightningIIに変更される今後のアメリカ海兵隊の運用を実際に観ることが出来る貴重なデモ飛行でした!

 

地上展示にはMV-22オスプレイや空自のF-15も!

地上にはMV-22オスプレイや航空自衛隊のF-15、海上自衛隊のMCH-101なども展示されていました。
ちょっと離れた駐機場ではF/A-18もスタンバイ中。

MV-22Bオスプレイは機内の見学も出来るようになっていましたが、長蛇の列だったため今回は諦めました。。。

 

米空軍のF-16や航空自衛隊のF-2、米陸軍パラシュート部隊『ゴールデンナイツ』のパフォーマンスも!

他にもアメリカ空軍のF-16ファイティングファルコンや航空自衛隊のF-2、アメリカ陸軍のパラシュート部隊『ゴールデンナイツ』のMV-22からのパラシュート降下パフォーマンスも実施されました!

どうせ見るなら有料観覧席がおすすめ!

 

今回初めてフレンドシップデーを観覧するということで、冒頭でもお伝えしたとおり事前に有料観覧席のチケットを購入して臨みました!
有料観覧席のチケットは例年4月上旬に発売されます。
今回はなかなかチケット発売の情報が出てこずドキドキしましたが、無事にゲット出来ました。

滑走路のすぐ側にパイプ椅子と階段状のベンチが並べられたエリアで、様々な展示飛行を間近に観ることが出来ます!

一番奥にあるので、今回のゲートからは歩いて小一時間かかりましたが、さすが最前線
離着陸する戦闘機や、着陸後にパイロットの方たちが挨拶する様子も観ることが出来ました。

さらに有料観覧席エリア専用の飲み物・食べ物の出店もあるので、混み合っている中で食料をゲットするために並ぶ必要が無いのもメリット!

 

また、お土産としてタオル・ポスターカレンダー・うちわ・ドッグタグ・コインと軽食のサンドイッチが付いてきました。

 

4,000円のチケットですが、払う価値が十分ある有料観覧席でした。
初めて観覧する場合は有料観覧席オススメです!

 

参加する場合の注意点と、混雑する入場を回避する方法は?

今回初参加ということで、超混雑する!と言うのは覚悟をしていました。

岩国駅前を8時過ぎに出発。ベースまでは徒歩で向かいました。

普段は歩いて25分程の距離ですが、実際にベースの入場ゲートを通過したのは10時過ぎ

さらに入場ゲートから歩くこと小一時間。有料観覧席にたどり着いたのは11時前でした。

駅前から出ているシャトルバスはベースの奥の方まで行くので、混雑する入場ゲートまでと、入場ゲートから歩く距離を考えるとシャトルバスを待った方が正解かも知れません。

とは言え駅前のシャトルバスの乗り場への行列も7時前ですでに長蛇の列。
立石交差点辺りまで伸びていました。

早めに出発して歩いて向かうか、早めにシャトルバスの待機列に並ぶか。。。
来年はよーく検討しようと思います。

 

また、これもウワサ通り有料観覧席含め現地は滑走路上なのでほとんど日陰なし!
暑いのはもちろんですが、日差しを遮るものが無いので日焼け止めは必須!

今回は短パンで参戦してしまったため、両足の膝からしたが真っ赤になって激痛でした。

女性は特に日焼け止め&邪魔にならない程度の日傘、長袖長ズボンは必須かも。

有料観覧席以外の滑走路状などは簡易テントを張って日差しを避けている方もいました。
それはそれで快適そうです。。。

まとめとあとがき

とりあえずバズーカみたいなレンズが欲しくなりました!
それよりもまず腕を磨くべきでした。。。

今回は天候がバツグンに良くてビールも進む気持ち良い環境でド迫力の戦闘機による航空ショーを満喫出来ました。

家族連れも多く、米軍の方も家族総出で出店や案内など楽しんでおられて、地域と一体となって盛り上げるお祭り気分を味わえる楽しいイベントでした。

来年もまた遊びに来たいと思います!

 

おまけ

F-35B LightningIIとMV-22 オスプレイの競演!

コメント

タイトルとURLをコピーしました