WordPressでアクセス先をデフォルトの『wpフォルダ』から変更する方法。

スポンサーリンク
ワードプレス

備忘録で残していく『WordPressの備忘録』コーナー。
初歩的なコトばかりですが、忘れっぽいボクのために残していきます。

今回はインストールした後にトップページの表示先を『hogehoge.com/wp/』から『hogehoge.com』に変更する方法。

 

スポンサーリンク

WordPressのデフォルトの表示先は『wp』フォルダ内

WordPressのデフォルトの表示先は『wp』フォルダになっています。

例えば、このサイトの場合は『https://trenews.june1b84.com/wp/』

ただ、コレだと見栄えもよくないし、実際のフォルダ内のトップの階層では無いので、コレを変更して『https://trenews.june1b84.com/』でトップページが表示されるようにします。

 

WordPressの表示先を変更する方法

1.Wordpress管理画面からアクセス先を変更する。

管理画面の左メニューの『設定』→『一般』を開く。
上から4番目の『サイトアドレス(URL)』を下記の通り変更する。

変更前:『https://hogehoge.com/wp/』
変更後:『https://hogehoge.com/』

 

3番目の『WordPress アドレス (URL)』を変更するとログイン画面にたどり着けないなどのトラブルになるため注意。初めてやった時にここを変更していてハマりました。。。

2.FTPを使ってindex.phpと.htaccessをコピーする

FTPを使って『wp』ディレクトリ(フォルダ)にある『index.php』と『.htaccess』をルートフォルダにコピーする。

 

 

ボクはMacではFilezillaを使っていますが、この段階ではレンタルサーバーのファイルマネージャー機能でブラウザ上で編集することが多いです。
キャプチャはレンタルサーバー『mixhost』のファイルマネージャーです。
mixhostの場合は『.htaccess』はwpディレクトリには無いので『index.php』だけコピーします。

3.ルートフォルダにコピーした『index.php』の内容を変更する

ルートフォルダにコピーした『index.php』の内容を下記の通り変更します。

変更前:require( dirname( __FILE__ ) . '/wp-blog-header.php' );
変更後:require( dirname( __FILE__ ) . '/wp/wp-blog-header.php' );

 

4.https://hogehoge.comで表示されれば完了

URLをhttps://hogehoge.com/wp/からhttps://hogehoge.comに変更してトップページが表示されれば完了です。

ボクが使っているおすすめレンタルサーバー
MixHost
mixhost

とりあえず月額料金880円からと安い!
さらにLiteSpeedやhttp/2・QUIC(高速化プロトコル)対応でスピードが早い!
プランがアップグレード・ダウングレードどちらも自由に変更可能なので万が一バズった場合も安心!
有料ですが他サーバーからの引越しサービスもあります。
若干安定性に欠けるとのクチコミもあります(今のところ大丈夫)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
じゅんちゃん

お出掛けやら流行りモノやら立ち飲みやら好き。
熱しやすく冷めやすい。
Nikon D5300ユーザー。
スマホ修理・MacBook修理のSMARTじゅんちゃんの城めぐりブログやってます。

じゅんちゃんをフォローする
ワードプレス
スポンサーリンク
じゅんちゃんをフォローする
じゅんちゃんのとれにゅー

コメント

タイトルとURLをコピーしました